弁膜症

弁膜症とは

心臓の中には、血液が逆流せずに効率良く流れるためのシステムとして、4つの弁があります。
弁は変性や、先天的な異常(大動脈二尖弁など)、ばい菌感染による弁破壊で機能異常を生じます。弁が硬くなり、通り道が狭くなって血流が流れづらくなる状態を狭窄症、弁の接合が悪くなり逆流を生じる状態を閉鎖不全症(逆流症)と言います。
多くはゆっくり病状が進み、進行すると下記のような症状が出現します。

弁膜症の分類

大動脈弁狭窄症

心臓の出口にあたる大動脈弁が硬化して出口で血液の流れが障害された状態です。心臓には強い負荷を生じるため、心臓肥大を起こします。失神したり、突然死を生じる怖い病気です。高齢化に伴い、大動脈弁狭窄症で苦しむ患者さんが増えています。

大動脈弁閉鎖不全症

弁そのものの異常もしくは弁を支える構造の拡大により逆流を生じます。左心室の拡大やポンプ機能の低下(収縮力低下)を招きます。病状が進行しても無症状の患者さんが多いです。

僧帽弁狭窄症

多くはリウマチ性の変化で、弁と弁を支える組織が硬化して生じる病気です。左心房から左心室に血液が流れづらくなることで、肺血管の圧が高くなり息切れが出現したり、不整脈を生じやすいため左心房(特に左心耳)の中に血栓を作って脳梗塞の原因になります。

僧帽弁閉鎖不全症

多くは弁自体が変性して、弁(僧帽弁は前尖と後尖の2枚から成り立っています。)の合わさりが悪くなり、左心室から左心房への逆流を生じます。息切れがでたり、不整脈を生じると動悸がします。

三尖弁閉鎖不全症

多くは、僧帽弁疾患によって引き起こされる二次的なもので、弁自体に異常はなく、弁輪(弁を支える輪)が拡大することにより逆流を生じます。全身のむくみやお腹の張りなどの症状が現れます。

内科的治療

食生活改善や仕事内容の変更を推奨しております。

薬によって症状を緩和させ経過観察を行います。

ただし、弁そのものを治すわけではありません。
そのため、6か月に1回程度は受診し、心臓超音波検査を受けましょう。

心臓弁膜症が重症になると薬による治療効果には限界があり、外科的治療やカテーテル治療が必要になります。

⼤動脈弁疾患の外科治療

大動脈弁狭窄症

息切れや胸痛、失神などの症状がある方は手術の適応です。症状のない方でも、心機能の低下した方、超重症の方、負荷テストで血圧が下がる方は手術が必要です。

・大動脈弁置換術

変性した大動脈弁を切除し、硬い石灰化病変をきれいに除去します。約15針で人工弁(生体弁もしくは機械弁)を縫着します。
最近は、高齢の患者さんやハイリスクの患者さんに対して次のような低侵襲治療を行なっています。

・新しい人工弁置換術 Sutureless Valve

弁や石灰化の除去は通常通りですが、人工弁を適切なポジションに導くために3針の縫合糸のみを使用します。縫合を必要としないため手術時間や人工心肺時間が短くなり、患者さんの早期回復が期待できます。

画像提供:エドワーズライフサイエンス株式会社

・カテーテル大動脈弁置換術(TAVI)

局所麻酔で可能であり、手術時間は約1時間と負担の少ない治療です。透析の患者さんは保険適応外になります。

当院での成績

大動脈弁閉鎖不全症

病状が進行していても無症状の患者さんが多いです。一度、大動脈弁閉鎖不全症と診断されたら定期検査は必ず受けるようにしましょう。
息切れや動悸、疲れやすいなど症状のある方は手術の適応です。
症状のない方でも、心機能の低下した方、左心室が高度に拡大した方は手術が必要です。

・大動脈弁置換術

*逆流のみの患者さんにはTAVIやSutureless valveは適応になりません。

・自己弁温存大動脈基部置換術 or 大動脈基部置換術

大動脈弁閉鎖不全症の原因に弁そのものに大きな問題はなく、弁を支える構造(弁輪やバルサルバ洞)の拡大があります。その場合には、大動脈基部を取り換える手術が必要になります。大動脈弁の性状によって本人の弁を残す自己弁温存手術や人工弁を使用した大動脈基部置換術が行われます。

左:⾃⼰弁温存⼤動脈基部置換術
中:⼤動脈基部置換術(機械弁)
右:⼤動脈基部置換術(⽣体弁)

僧帽弁疾患の外科治療

僧帽弁狭窄症

息切れや動悸など症状のある方は手術の適応です。症状のない方でも、脳梗塞など塞栓症の既往のある方、最近不整脈(心房細動)になった方、負荷テスト陽性の方は手術が必要です。

僧帽弁閉鎖不全症

息切れや動悸、むくみ、疲れやすいなど症状のある方は手術の適応です。
症状のない方でも、最近不整脈(心房細動)になった方、心機能の低下した方、肺高血圧の方は手術が必要です。

弁膜症は症状のない方でも手術が必要になる場合があります。弁膜症と診断されたら一度専門医の診察を受けることをお勧めします。症状のある方は、早急に専門医を受診しましょう。

当科では、患者さん自身の弁を温存する弁形成術が第一選択です。
弁や心筋の傷みが非常に高度な場合は、弁置換術を選択します。
僧帽弁狭窄症は弁形成術を試みますが、長期的にみて病状が再発すると考えられる場合は弁置換術の適応となります。僧帽弁疾患単独の患者さんには右小開胸手術(MICS)を実施しています。
右胸(女性の方は乳房下縁)に5-6cmの小切開で、肋間からアプローチします。創が小さく目立たないこと、胸骨正中切開を行わないことがメリットです。入院期間も短く、早期の社会復帰が可能です。

三尖弁疾患の外科治療

三尖弁の逆流(三尖弁閉鎖不全症)には、多くの場合、患者さんの弁を温存する弁形成術が行われます。
非常に進行した三尖弁閉鎖不全症には、弁置換術が行われることもあります。
三尖弁治療の重要性が見直され、当科では積極的に三尖弁治療を同時に行っています。

当院での治療実績