大血管

大動脈瘤とは

大動脈瘤とは、動脈が風船のようにふくれた状態を言います。

大きく分けて

  1. 胸部大動脈瘤
  2. 腹部大動脈瘤

の2つがあります。

症状

症状はほとんどありません。
健康診断で偶然に見つかることも多い病気です。
症状が出た場合は、かなり切迫した状況であることが多い怖い病気です。

原因

動脈硬化、高血圧、体質、遺伝疾患等、リウマチ、梅毒、感染、大動脈解離等多岐に渡ります。

予後

直径5cm以上になると破裂の危険があるため手術が必要です。

治療

ふくれた大動脈を人工血管で取り替えたり、ステントグラフトを内挿したりします。

胸部大動脈瘤の治療

人工血管置換術

動脈瘤を切り取って、人工血管に置きかえる手術です。
胸部大動脈瘤の存在する場所によって変わってきます。

腹部大動脈瘤の治療

開腹人工血管置換術

動脈瘤を切除して人工血管で置換する手術です。
(右図参考)

動脈瘤はなくなり、置換した部分に関して心配がなくなる確実な手術です。
長期の成績も安定しており、どのような形の動脈瘤にも基本的には対応できます。

しかし、基礎疾患や年齢など余力がない患者さんにとっては、術後の日常生活に影響する場合もあります。

ステントグラフト内挿術(腹部、胸部)

血管にカテーテル(細い管)を挿入してステントグラフトと言われる人工血管を内側から挿入する治療です。
ステントグラフトによる治療は、切開部を小さくすることができ、身体にかかる負担が少ないのが特徴です。

大動脈瘤は切除しないので残りますが、瘤は血流が遮断されるので、次第に小さくなる傾向にあります。
また、瘤が縮小しなくても、破裂の危険性がなくなります。

ステントグラフトの利点と欠点

利点

  • 体への負担が少ない
  • 傷が小さくてすむ
  • 翌日より食事、歩行が可能
  • 術後4〜5日間での退院が可能

欠点

  • 瘤の場所、形によっては、すべての人に施行できるわけではない
  • 術後に長期の定期的な経過観察(外来通院)が必要
  • 手術後に追加処置が必要な場合がある

ステントグラフト治療の累計手術件数

胸部ステントの特殊型(開窓型ステント:Najuta)

患者さんの術前画像診断にもとづいて血管の屈曲パターンを分析し、1500以上存在する規格の中から選択、使用するというセミオーダーシステムを採用しています。

計算式に合わない様な複雑な症例には、3Dプリンターにて立体血管モデルを作成し、実際に留置検証を行ってから使用するという方針をとっているので、開窓型ステント(Najuta)は遠位弓部瘤に対するステントグラフト治療の安全性と確実性を高いレベルで両立しています。
当科では解剖学的条件がNajutaに有利な症例には当初より積極的に使用する事で、日本でも有数の症例経験数を誇っており、国内はもとより海外からの症例見学施設となっております。

通常のステントグラフトでは開胸手術をせざるを得なかった症例に対し、Najutaを用い、頚部分枝も温存させつつ治療が可能です。

大動脈解離に対してのステントグラフト治療

大動脈解離によって解離腔に流れ込む血流をステントグラフトにより遮断し、血栓化(血が固まる)することにより大動脈解離の進行を予防します。

実際に行った症例では、偽腔(本来の血管腔ではなく裂けてできた所)の方が太くなっていましたが、術後は金属のステントにより真腔(本来の血管腔)の方が大きく広がり、解離前の状態に近く固定されています。

☆ステントグラフトにおける最先端治療を当科では行っております。

診療体制

当科のステントグラフトチーム

土肥 静之 (腹部ステントグラフト指導医・胸部ステントグラフト指導医)
大石 敦実 (腹部ステントグラフト指導医・胸部ステントグラフト指導医)
遠藤 大介 (腹部ステントグラフト指導医・胸部ステントグラフト指導医)

心臓血管外科:外来担当医表

イタリアからの手術見学

韓国からの手術見学