虚血性心疾患

虚血性心疾患とは

心臓の筋肉に血液を送る冠動脈は、大きく3本(右冠動脈、左前下行枝、左回旋枝)にわかれます。
この冠動脈に何らかの要因で虚血(血液が足りなくなる)のが、虚血性心疾患です。
症状としては運動や負荷がかかったときの胸痛や息切れなどがあります。危険な不整脈の発生によって突然死を起こしたり、慢性的な経過で心不全を来すこともあります。

狭心症と心筋梗塞

狭心症の原因

冠動脈の狭窄(狭くなる)が起こる原因としては、多くは生活習慣病とその関連疾患(糖尿病、高血圧、脂質異常症、腎機能障害、喫煙、高齢、家族歴)から生じる動脈硬化が挙げられます。
また、冠動脈自体がれん縮することによって起こる異型狭心症や、小児期の川崎病などの炎症性疾患など稀なものもあります。

冠動脈の狭窄で一時的な心筋の虚血が生じている状態が狭心症ですが、完全な閉塞が起こると酸素や栄養素の供給が行われなくなり心筋梗塞と呼ばれる筋肉の壊死が起こります。
一度心筋梗塞を起こした部位は、治療を行っても機能が低下した状態となり、心不全を来たしやすくなります。そのため一刻を争う治療が求められます。

治療法

  1. 薬物療法
    生活習慣病(糖尿病、高血圧、脂質異常症など)の加療、禁煙が重要です。
    病変を指摘されている方については抗血小板剤の内服が必要になります。
    既に発生している狭窄を改善させることはできません。
  2. 血管内治療(ステント、バルーン、PCI)
    主に内科で行う治療です。血管の穿刺で行うことができ、体への負担が少なく、治療時間も短いことがメリットです。
    病変の性状や部位によっては治療できないこともあります。
    再狭窄やステント内血栓を予防するため、一定期間複数の抗血小板剤を内服する必要があります。しっかり薬が飲めない方や出血のリスクが高い方にもあまり向いていません。
  3. 外科的治療(冠動脈バイパス手術)
    狭窄や閉塞の起こっている部位をまたいで血管同士の橋渡しをする手術です。内胸動脈や橈骨動脈、胃大網動脈といった動脈や、下肢の大伏在静脈など、もともと身体にある血管を使用します。

手術実績

当院では、心臓を動かしたまま行う心拍動下冠動脈バイパス術(off-pump coronary artery bypass: OPCAB)を第一選択とし、良好な成績を収めております。

全体の約9割の方でOPCABを選択しています。
人工心肺を使用する事による身体への負担を和らげる事が可能で、特に基礎疾患がある患者さんにおいてはその有用性が示されています。