心臓と大血管について

心臓と大血管

心臓には4つの部屋があり、右心房、右心室、左心房、左心室と分かれています。そのうちポンプの役割を果たしているのは、肺に血液を送る右心室、体に血液を送る左心室です。
また、右心室から出て肺に血液を送る血管を肺動脈、左心室から出て全身に血液を送る血管を大動脈といいます。

心臓の各部屋の間には、逆流防止弁がついて効率よく血液を送り出すようになっています。右心房と右心室の間が三尖弁、肺動脈の入口に肺動脈弁、左心房と左心室の間に僧帽弁、左心室の出口に大動脈弁があります。

冠動脈

心臓のほとんどは筋肉で出来ています。常に拍動を続ける心筋にはたくさんの酸素や栄養素を供給する必要があり、冠動脈という血管を通る血液から供給されます。
冠動脈には右冠動脈と左冠動脈があり、左冠動脈は主幹部からさらに前下行枝と回旋枝にわかれます。

胸部大動脈

心臓から出て全身へ血液を送る血管を大動脈といいます。胸とお腹の間にある横隔膜より上の部分を胸部大動脈といいます。
心臓から出た大動脈は上行大動脈から、弓部大動脈で頭や腕に行く血管を分岐し、下行大動脈を通って腹部大動脈へつながります。

腹部大動脈

お腹の中の腹部大動脈は、胃や腸や肝臓、腎臓などにいく血管を分岐したのちに、左右の足へ流れる腸骨動脈へとつながります。腸骨動脈はお腹を出たところで大腿動脈となります。