はじめての方へ

心臓の病気はよくわからないし、怖いものだと思われていると思います。
ここでは、心臓とその病気のことについて一般の方と開業医の先生方に紹介していくことを目的に、分かりやすい言葉を使いながら紹介していこうと思います。

心臓手術が必要です、と言われたら

心臓の手術は以前と違い、安全に施行できるようになってきました。でも、本当に手術が必要な状況なのか、それはそれぞれの病気の種類、重症度、患者さんご自身の状態によって変わってきます。『なぜ手術が必要なのか』、これを理解することが一番大切なことです。少なくともこれが上手く説明できない医師の手術は受けるべきではないでしょう。

また、医師の考え方によっても治療の選択肢が変わってきます。そのためにもセカンドオピニオンという他院の医師に治療方針の意見を聞く制度があります。担当医へは遠慮なくセカンドオピニオンを求めてください。